お役立ちコラム

Column
「 紫外線による変色 」
Vol.12

「 紫外線による変色 」

衣類の変色は、洗濯で汚れが除去された時に、変色部と変色していない部分との差が顕著になるので、認識されやすくなります。そのため、洗濯が原因で変色が起こったように見えてしまいますが、他に原因がある場合も多くあります。

肩、背中、袖などの部分に多く見られる変色は、紫外線が原因かもしれません。

紫外線  は染料の構造を変化させ粘着力を弱くします。

クリーニングや家庭洗濯をする前に、襟、ズボンのポケットの内側、タックなどをめくって見て、他の部分との色の差がないかチェックしてみましょう。特にベージュ系の衣類は、全体的に汚れていると色の変化がわかりづらいものです。

紫外線は日光  だけでなく、蛍光灯  にも含まれていますので、室内であっても長期にわたって蛍光灯  にさらされた衣類には変色が起こることがあります。

また、通気性のない袋をかけたままで保管すると、袋の中にこもった湿気によって、染料の変化が促進されることがあります。通気性のない袋は取りましょう。

カビ  も生えやすいので湿気  には要注意です。

衣類を長期収納したいときは、暗くて、通気性が良く、温度を低く保てる場所が最適です。