お役立ちコラム

Column
夏物のしまい洗い
Vol.02

夏物のしまい洗い

長い間しまっておいた服を久しぶりに出して見たら黄ばんでいたり臭いがした、といったご経験はありませんか?
これは繊維に残留していた汚れが、時間と共に繊維を変色・変質させてしまうからです。

特に夏物衣類は直接肌に触れるものが多く、大量の汗や皮脂汚れが繊維に付着しています。
一見きれいに見えても、一度着用した服はそのまま放置せず、しまう前にしっかり汚れを洗いましょう!

家庭洗濯では節水のため、お風呂の残り湯を活用する方も多いと思います。
洗ったあとですぐに着るのなら、問題ありませんが、お風呂の残り湯には、入浴中に溶け出た皮脂や汚れが含まれていますので、
しまう前の洗濯には使用しないほうがよいでしょう。

尚、「水洗い不可・ドライクリーニング可」という意味の洗濯表示が付いているものは、クリーニング店での「ドライクリーニング」をお勧めします。
この洗濯表示が付けられているということは、水による影響を受けやすい繊維だということです。

クリーニング店の「ドライクリーニング」は、家庭洗濯機の「ドライコース」とは異なります。
水の代わりに溶剤を用いる方法で、繊維に優しく、油性汚れがよく落ちるという長所があります。
水性汚れに対しても、特別な洗剤を使うことで除去できます。