Home > 企業情報 > 沿革

沿革

 

1973年

熊本で「朝出して、夕方バッチリ」をスローガンに、デイリークリーニング・サービスをスタート。

1976年

「日本さわやかグループ」誕生。18会員でスタート。

1984年

加盟工場数100工場突破。

1986年

フランチャイズチェーンとして、本部・株式会社日本さわやかグループを設立。

1987年

業界で初めて、CI(コーポレートアイデンティティ)導入。

「愛情仕上げのクリーニング・ホワイト急便」誕生。

1988年

「ホワイト急便」営業店舗数5,000店突破。

1989年

会員経営者数100人突破。

加盟工場数200工場突破。

1990年

「ホワイト急便」韓国(ソウル)進出。

1992年

労働省認定「重度障害者多数雇用事業所」として、熊本に「菊池リネン工場」が完成。

加盟工場数300工場を突破。

1993年

グループ総売上500億円突破。

「ホワイト急便」台湾進出。

1994年

「ホワイト急便」営業店舗数10,000店突破。

1995年

 

「ホワイト急便」シンガポール進出。

(社)日本フランチャイズチェーン協会に正会員として加盟。

1996年

「ホワイト急便」マスコットキャラクター設定。《せんたくやくん》 

1997年

グループ創立20周年。

1998年

グループ総売上680億円突破。

「ホワイト急便」営業店舗数14,000店突破。

1999年

「ホワイト急便」中国進出。

2001年

営業店向け通信「たくちゃん便り」創刊。発行部数15,000部。

2005年

「ホワイト急便にこにこホームページ」開設。

2006年

 新しいロゴマーク決定。

 グループ創立30周年記念式典並びに祝賀会を開催。

2007年 

 「第一回接客コンテスト」開催。

2008年 

 「ホワイト急便」ステップアップオーナー制度開始。

2009年 

東京都23区内を対象とする宅配クリーニングサービス
「ホワイト急便DELI」スタート。

 ハイクラス認定制度開始。

2010年 

 法人向けクリーニングおよびユニフォームリース事業を強化。

2011年

歌手・森昌子さん2年ぶりの新曲「洗濯日和」とタイアップ。

東日本大震災により15工場42店舗が被災。

全国の会員・社員・営業店から集まった義援金、売上の一部を合わせた1億1千万円を被災地に寄付。

2012年

福岡に次世代型モデルショップとして、ドライブスルー受付のユニットショップをオープン。

2013年

韓国(釜山)に新会員入会。

2014年

インターネット注文による全国対応の宅配クリーニング事業開始。
「ホワイト急便お布団丸洗いクリーニング」

2015年

インターネット事業を「ホワイト急便通販ショップ」にリニューアル
衣類1点から取り扱う「ネットクリーニング」や保管サービスなど。


↑Topへ戻る