先輩スタッフの声

Staff voice
 >   >  先輩インタビュー(中山 裕史)

企業も人もベンチャーマインド。
いつか自分も新しいサービスを。

工場マネージャー
2008年入社 中山 裕史

いろいろなことをしたいから
「ホワイト急便」へ

大学で就職活動を始めた時、自分が何をやりたいのかよくわからなくて、とりあえず合同企業説明会へ。遅刻してしまい、どの企業ブースへ行こうかとモジモジしていたら、『どうしたの?おいでよ!』と声をかけていただきました。
その方に『君は何をしたいの?』と聞かれて、私は正直に「わかりません」と言いました。
「でも、何がしたいかわからないから、いろんなことがしてみたいです。」「可能性を狭くしたくないので、いろんな可能性のある会社に入りたいです。」と話したら、その方が『だったら、ウチがちょうどいいよ!』と(笑)。
ホント、あの時の出会いに感謝です。
こんなこともするんだ、こんなこともできるんだと、いま色々な経験をさせてもらっています。

自分が担当し初めてオープンさせた新規店舗にて、店舗スタッフと記念撮影したときの写真です。

工場と店舗がうまく連携するための
潤滑油としての存在

クリーニング工程や洗浄技術の知識、店舗での受付接客といった研修を経て配送、営業など経験しました。初めて担当した新規店舗がオープンした日の感動は忘れられません。次はどんな店を作ろうかと仕事が楽しくなりました。

現在は、責任者として工場運営、法人営業、販促企画、労務管理などをしています。また、店舗を巡回して店主やスタッフとのコミュニケ―ションを通じ課題解決を図ります。繁忙期には工場内作業・配送・店舗受付も積極的に関わります。店舗と工場という両輪がうまく機能するような、良い潤滑油でありたいと心がけています。

地域密着の会社でありながら、
全国で活躍できるブランド

悩む場面があっても、先輩や仲間が支えてくれるので心強いです。また、グループの理念が「対比と交流」で、地域や全国規模での役職別勉強会があり、幅広い情報交換ができます。
「自分がやったことがない」「会社がやったことがない」「お客様がもっと便利になる」そんな、新しいサービスや関連事業の開発が今後の目標です。

働きたい場所がきっと見つかる! エリア別募集情報

全国各地に拡がるホワイト急便。様々な地域で愛されるお店を一緒につくっていきましょう。

詳細はこちら
先輩インタビュー

先輩インタビュー

interview